今すぐお金借りるなら即日に対応したカードローンが最適!

お金借りる

 

今すぐお金を借りたいケース。

 

こんな時は焦るものです。しかし、焦り過ぎると正常な判断ができずに違法な闇金業者などに手を出してしまうケースもあるので、まずは冷静になって安全な金融会社選びを心掛けましょう。

 

たとえ、急いでいる時であっても安心できる「大手のカードローン」を利用しましょう。

 

 

この記事では、「今すぐお金が必要な方」のために、「今すぐお金を借りる方法」を、できるだけわかりやすく説明しています。
また、「急ぎではない借入れ方法」に関しても、網羅的に解説しているので、比較しながらお金を借りるためのベストな選択肢が見つかります!


 

皆さんがよく目にしたり耳にするカードローンなら「今すぐ」「即日」「今日中」に対応しているところが多いですよ。

 

数あるカードローンの中でも、特に「即日融資に対応」でしかも「30日間の無利息期間」がある大手の消費者金融はおすすめできます。反対に銀行カードローンは、2018年1月より即日融資が受けられなくなり、おすすめできないわけではありませんが、個人向け融資の審査が厳しくなっています。

 

カードローンの審査時には、運転免許証などの身分証明書は必要ですが、収入証明書(源泉徴収票)に関しては50万円程度の借入れの場合は、不要なので手をわずらわすこともありませんし、保証人・担保も不要です!

 

とにかく急を要している方は、まずは各カードローンの公式サイトで「借入可能かどうか」を診断してみることをおすすめします。(数秒でわかります)

 

プロミスの特徴

★はじめての方は、初回の利用の翌日から30日間金利ゼロ!契約日からの換算でないので無利息期間が失効せずお得!(※メールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要)
★最短1時間融資OK!
★三井住友銀行orジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、土日祝でも24時間最短10秒で振込可能の瞬フリサービスも好評!(手数料無料)
★50万円まで収入証明不要
★紛失の心配のないカードレス※で契約可能!(※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます)
★Web完結で郵送物なし!
★他社にはない会員優待サービス(おとくらぶ)も好評!
★女性担当のレディースプロミス窓口も好評(男性の方でもOK)→こちら

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円
評価 評価5
プロミスの総評

プロミスは「今すぐ」「即日」に徹底的にこだわった人気のカードローンです。午前中に申込むのがベストですが、ネットで申込みだけあらかじめ済ましておいて、最寄りの自動契約機に駆け込むと、今日中にすぐにお金を借りれます!緊急時の対応もスピーディーだから頼りになります!

レイクALSAの特徴

★最短即日振込み※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
★お借入れ・ご返済のATM手数料0円
★新生銀行グループ

実質年率 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜500万円
評価 評価4.5
レイクALSAの総評

レイクALSAも最短即日お金を借りれるカードローンです。また、消費者金融の中でも唯一の提携ATM手数料が無料なのでコンビニキャッシングにも向いています。

バンクイック

バンクイックの特徴

★安心の銀行カードローン!
★提携ATM手数料が昼間・夜間問わずに無料!
★ATMなら1000円単位で借入可能

実質年率 1.8%〜14.6%
借入限度額 10万円〜500万円
評価 評価4
バンクイックの総評

阿部寛さんのCMでもおなじみ!メガバンクならではの低金利カードローンなので安心!

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローンの特徴

★ネット銀行ならではの低金利!
★毎月の返済額は1000円から!
★ATM手数料が完全無料だから無駄な出費なし!
★借り換えも可能!
★ご利用明細の郵送なしなのでプライバシーが守られています
★auユーザーなら金利優遇!

実質年率 2.2%〜17.5%
借入限度額 800万円
評価 評価3.5

目的別

在籍確認なし! おまとめローン

 

在籍確認なし

 

 

おまとめローン

 

無利息でお金借りる コンビニでお金借りる

 

無利息でお金を借りる

 

 

コンビニでお金借りる

 

クレカでお金借りる

地方銀行でお金借りる

 

クレカでお金借りる

 

 

地方銀行でお金借りる

 

今すぐお金を借りる場合の借入れの限度額について

限度額

 

「実際にどれくらいのお金を借りれるのか?」「どれくらいの資金を確保できるか?」など、お金を借りる際の限度額が気になっている方も多いかと思います。

 

まず、カードローンでお金を借りる時、「今すぐお金を借りたい場合」「急いでいない場合」など様々なケースがありますが、そういった緊急度合いには借入限度額の設定の際には、一切左右されません。

 

カードローンの借入限度額は、カードローン利用者の現時点での返済能力を示す数値であり、その範囲内で何度でもお金を借りることができる金額です。

総量規制

借入限度額を把握する前に、大前提として総量規制という法律を知っておく必要があります。

 

2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されましたが、新たに制定された総量規制により借入限度額が具体的になりました。

 

総量規制とは

 

債務者が金融会社から、お金を借りれる金額は「年収の3分の1まで」

 

と明確に定められたのです。

 

総量規制

 

例えば、年収300万円の人の場合、100万円が限度額上限になります。

 

ただし、総量規制には除外項目と例外項目が付いています。自動車を買うためのローンや住宅ローンや不動産ローンなどは、総量規制から除外され、借り換えや繋ぎ資金などについては例外となっています。

 

消費者金融と違い、銀行カードローンは現時点では総量規制対象外となっていて、年収の3分の1を越える借入れも可能になります。

 

総量規制の対象となるのは貸金業法で規制される「貸金業者(消費者金融業者、カード会社等)」による「個人向けの貸付」になります。 銀行カードローンは、貸金業法ではなく、銀行法に基づいた運営のため総量規制の対象外です。

 

はじめてカードローンでお金を借りる際の限度額

カードローン各社が定めている借入限度額は異なりますが、

 

はじめての借入れの方は、50万円以内の限度額に設定されるのが一般的です。

 

会社員の方なら、30万円〜50万円程度、学生・パート・アルバイトの方なら、10万〜20万程度が限度額の目安なので頭に入れておきましょう。

 

仮に、50万円に限度額が設定されれば、50万円以内であれば何回でも自由にお金を借りれるのがカードローンのメリットでもあります。

 

また、アコムの場合、借入限度額は、1万円〜800万円ですが、いきなり、800万円の限度額が設定されることはないので勘違いしないようにしましょう。

 

借入限度額を決める基本的な項目は、年齢、収入、過去および現在の借入状況ですが、これに勤務先、勤務年数、居住形態、居住年数、家族構成などが加わります。

 

一般的には、借入状況が総量規制内であり、現在の勤務先が継続していて安定した収入がある場合には借入限度額は高くなります。いわゆる社会的信用度が高ければ高いほど、返済能力が高いと考えられています。ただ、単身者で賃貸アパートに住んでいる場合などは、初回の限度額こそ低くなりますが、時間をかけて返済実績を積むと追加融資が受けられ限度額も上がっていきます。良好なクレジットヒストリーを作ることが、信用を高める最大の手段であることを忘れないようにしましょう。

 

→おすすめのカードローンのランキングはこちら

お金を借りる時、審査に通らない理由

消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる時、必ず「審査」があります。審査に通過しない限りは、お金を借りる事ができません。

 

特に、ブラックの方は、カードローンの審査に通る可能性は極めて低いです。
→ブラックでもお金を借りることは可能?

 

審査に通らない

 

審査に関しては、「今すぐ即日でお金を借りたい場合」であろうが、「急いでない場合」であろうがそういった理由は、一切関係ありません。

 

年齢は、20歳以上の人というのは、大前提として、ズバリ「返済能力があるかどうか?」

 

の一言に尽きます。

 

返済能力を具体的に紐解いていくと、

 

「安定した収入があること」

 

となります。安定した収入となると

 

「日雇いバイトより長期バイト」「派遣社員より正社員」「低い年収より高い年収」「年齢は高齢より働き盛りの年代」「勤務年数は1年より3年」

 

といった感じになるのは容易に理解できるとおもいます。

 

職業に関しても、風俗業・水商売や、フリーランスや、作家、アーチストのような人は、収入の不安定さから、審査落ちする可能性が高いと言われています。また、意外かもしれないですが、自営業者も収入の浮き沈みが高いと評価される傾向があり、低評価です。

 

逆に好まれる職業が、公務員や大企業のサラリーマンです。もちろん、無職は問題外となります。

 

各金融会社は、信用情報を照会し、属性をスコアリングし、返済能力を具体的に有しているかどうかを厳しく審査します。

 

もちろん、現在の借入状況にもよりますが、しっかりと返済実績のある方は、2社目3社目であっても、審査に通過する可能性はあります。

 

スピード審査とか言われていますが、各金融会社は、裏側では短時間で正確に返済能力を判断しています。

 

その他注意する点としては、「クレカの支払いに延滞がないか?」「スマホ(携帯電話)の料金の滞納」「申込の際に虚偽の入力やケアレスミスによる入力間違いをしていないか?」「一度に複数の金融会社に申込しようとしていないか?」この辺りを事前にチェックして、審査にのぞみましょう。

 

→おすすめのカードローンのランキングはこちら

今すぐお金を借りたい!無職でもお金を借りられるのか??

お金借りる無職

 

銀行カードローンや消費者金融は、無職の状態で融資を受けようと思ってもまず無理です。

 

お金を借りた場合、その借入額を完済できることが条件になってくるのですが、無職ですと収入がありませんので、お金を返済できなくなるのは明らかです。

 

金融会社は、貸したお金を返済してもらわなければ経営が成り立たないので、ほとんどの銀行や消費者金融で融資を断られてしまうのです。ただし、一定の条件を満たしている場合には、審査に通る可能性が出てきます。

 

まず、無職でも自宅(持ち家)や土地などの不動産を所有している場合には、担保に入れてお金を借りれる可能性はあります。不動産を担保に入れると、借金の返済ができなくなった時、金融会社で担保を回収できますので、無職の方にも融資を行っている場合があるのです。

 

他にも派遣社員として登録することで、お金を借りれる可能性も出てくるのですが、派遣会社に登録したとしても、実際に働いている実績がなければお金を借りても返済できませんので、働いて安定収入を得る前提で金融会社の融資に申し込む必要が出てきます。

 

また、専業主婦の方は、無職といえば聞こえは悪いですが、「働いてない主婦=無職」と解釈できます。専業主婦の場合は、銀行カードローンならお金を借りれるところがあります。ただし、限度額は30万〜50万に抑えられると考えておきましょう。

ブラックでもお金を借りることは可能?

ブラックでもお金借りれる

 

ブラックと呼ばれる状態は、

  • 多重申込み
  • 返済延滞
  • 任意整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 自己破産

こういったネガティブな状態になると、個人信用情報※に記録されて一定期間、ほとんどの金融機関からお金を借りれなくなります。(※日本では、全国銀行個人信用情報センター(KSC)・シー・アイ・シー(CIC)・日本信用情報機構(JICC)の3つの機関で管理されています。)

 

この状態を「ブラックリストに載る」であったり、「ブラックリスト入り」といった言い方をする場合もありますが、実際にこのブラックリストというものは存在しません。

 

ただ、金融事故情報として個人信用情報に明らかに傷が付いている状態なので、情報が抹消されるまで相応の期間を要し、それが消えない限り、通常の金融機関との新規の取引は困難と考えていいです。

 

「無審査で貸します」「多重債務者OK」「ブラックOK」といった謳い文句の金融会社は、ほぼ闇金なので、そういった業者と取引が始まると借金の無限ループに陥りますのでくれぐれも注意してください。

 

ただ、裏技ではないですが、ブラックの状態の方であっても、お金を借りる方法は多少なりともあります。

妻に内緒でお金を借りる方法

しっかりとした真面目な奥様であればあるほど、お金を借りるということに「マイナスのイメージ」を持っていたりします。

 

あるいは、旦那様の立場からすればお金を借りていることを妻に知られることは、「恥ずかしい」「妻に心配をかけたくない」など様々な理由でできれば、内緒でお金を借りたいと思っている方も多かったりします。

 

そんな状況の中で、どうすれば妻に内緒でお金を借りれるか?

 

妻に内緒でお金借りる

 

実は、バレずにお金を借りることはそんなに難しくはありません。

 

まず、バレるタイミングですが、郵送物と電話が大半です。

 

郵送物が送られてくる場合

@カードローンの審査に通過して、カードが自宅に送られてきて、妻が開封して見てしまう。
Aカードローンの利用明細書が自宅に送られてきて、妻にバレてしまう。
Bカードローンの支払いが延滞して、督促状が自宅に届いてしまって、妻に見つかってしまう。

 

この3つのパターンが考えられます。しかし、それぞれ対策することで問題が解消します。

 

【@の場合の対策】・・・カードレス契約にするか、ネットでカードローンを申し込んだ後、自動契約機に駆け込んでカードを受け取ることでクリアーです。

 

※現在、消費者金融(プロミスとアイフルとレイクALSAとSMBCモビット)は、カードレスで契約が可能です。

 

【Aの場合の対策】・・・利用明細書をWEB明細にしておくと、紙の明細書が発生しません。

 

【Bの場合の対策】・・・返済を遅れず忘れずに行う。

 

自宅に電話がかかってくる場合

連絡先を自宅の固定電話にしておくと、カードローン会社から自宅に電話があり妻が取ってしまうケースもまれにあります。しかし、これは連絡先を自分の携帯電話番号にしておくと防げますし、そもそも支払いが滞らない限り自宅に電話がかかってくるようなことはありません。

 

→おすすめのカードローンのランキングはこちら

金利が安いところでお金借りたい?

お金を借りる際は、金利が付き物になるわけですが、できるだけ余分な金利を払いたくないですよね?今の時代、無利息サービスがあるので便利といえば便利ですが、はじめての借入れのみ適用といった制約があるところがほとんどです。

 

金利安いお金借りる

 

できれば、長いスパンで考えたとき、低金利でお金を借りたいものです。

 

上限金利と下限金利

 

よく見るカードローンの金利(実質年率)のスペックですが、左の3.0%を下限金利、右の18.0%を上限金利といいます。

 

消費者金融の代表格であるアコムの場合は、実質年率が上記のように3.0%〜18.0%となっていても、よほどの社会的な信用であったり、借入れや返済の実績がないと、限りなく上限金利である18.0%のレートでお金を借りることになります。

 

ここはポイントなのでしっかりと押さえておきましょう。

 

そういったこともあり、やはり金利が安いところで絶対にお金を借りたい!といった長期目線の方は、銀行カードローンをおすすめします。

 

→金利の安い銀行カードローンといえば「バンクイック」

 

消費者金融と比較すると融資スピードはやや遅いですが、審査にさえ通過すれば安い金利でお金を借りれてお得です。

 

金融機関の審査に通過するコツは、限度額を低めに設定して審査申し込みすることです。大きい限度額で設定せずに、低い限度額でとにかく審査通過を目指しましょう。

 

審査通過後、返済実績をキレイに作っていくと、増額されることもあり、さらに金利が引き下がり、より低金利でやりくりできるようになります。

消費者金融で借入れをする

消費者金融で借入れをする

 

もはや若年層には、消費者金融は身近な金融機関のイメージの方も多いと思います。しかし昔は、「消費者金融=多重債務者」といったダーティーな側面もありました。

 

要は、「消費者金融」と「サラ金」と「街金」が頭の中で整理整頓されずに複雑に解釈している方が多いです。

 

ここで整理しておきます。

 

サラ金

その名の通り、サラリーマンをターゲット顧客として貸付を行っている業者です。サラ金に関しては、消費者金融も含まれることが多いですが、時代と共にだんだんと耳にしなくなった言い方です。言い方を変えると、現在の消費者金融の昔の呼び方といってもいいでしょう。

 

街金

街中にある地域に密着した中小の貸金業者のことを指します。つまり、大手とは区別される中小消費者金融です。ただし貸金業登録をしていない違法な営業をしている闇金のニュアンスが含まれているケースが少なくありません。

 

街金と闇金との見分け方としては、

 

  • 貸金業登録(貸金登録番号)があるかどうか?・・・金融庁の登録貸金業者情報検索サービスで調べられます。
  • 法定金利内で経営されているか?・・・法律を無視した脱法行為をしているのが闇金業者です。トイチ(10日で1割の金利)などで貸付けするのは闇金の明らかな違法行為です。
  • 固定電話番号の記載があるかどうか?

 

この辺りの情報をしっかりと見極めることが肝要です。また、法令を遵守した街金と同名の会社名(サービス名)を装っている悪質な闇金が存在するので、「固定電話番号の相違がないか?」などしっかり調べて、騙されないようにくれぐれも気をつけてください。

 

街金(中小消費者金融)で比較的知名度が高く、全国対応しているところといえば、

といったところになります。

街金(中小消費者金融)も大手消費者金融に負けじと、サービスの充実を図っていますが、店舗の少なさがデメリットとして挙げられ、融資額がどうしても小口になってしまう傾向があります。

消費者金融(大手消費者金融)

大手消費者金融とは、全国展開していて、CMでやっているサービスと解釈して問題ありません。つまり、消費者金融でお金を借りる際は、大手消費者金融で借りることが最も賢明です。

 

当サイトでイチオシで紹介している

と、いったところです。

 

SMBCモビット以外は、はじめての方は無利息期間もあり、安心して今すぐ借入れをスタートできます。

 

→おすすめの消費者金融のランキングはこちら

銀行で借入れする方法

銀行で借入れする

 

金融のリテラシーが高ければ高い方ほど、お金を借りるといえば銀行といった方も多いと思います。

 

逆に銀行といえばお金を預けるところ「銀行=預金」といった旧来のイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

どちらにしても銀行はお客様の大切な資産であるお金、企業のお金、国・自治体にお金を送り込む中心的な存在であり、経済活動の最重要ポイントを担っています。

 

銀行でお金を借りる具体的な方法としては、ローンがあります。ローンといっても様々な種類を各銀行扱っています。銀行で扱っているローンの中でもメジャーなものは、

 

  • 住宅ローン・・・戸建てやマンション購入時にお金を借りれるローン
  • 教育ローン・・・学校、塾、予備校等などにかかるお金を借りれるローン
  • マイカーローン(自動車ローン)・・・自動車購入時にお金を借りれるローン
  • ブライダルローン・・・結婚式や披露宴時にかかるお金を借りれるローン
  • リフォームローン・・・老朽化したりしたマイホームをリフォームする際に生じたお金を借りれるローン
  • 医療ローン・・・急な入院費・治療費を工面するためにお金を借りれるローン
  • 引越しローン・・・引越し業者に支払う費用や敷金・礼金・仲介手数料のお金を借りれるローン
  • 事業ローン・・・個人事業主や会社の経営者が運転資金のためにお金を借りれるローン
  • フリーローン・・・追加融資は受けられないが、カードローンより低金利でお金を借りれるローン
  • カードローン・・・使いみちが自由で、借入枠内であれば、何度でもキャッシング可能な柔軟性のあるローン

 

といったローンがあります。要は、目的別に種類があります。

 

単純に生活費のためだったらカードローンを選ぶといいでしょう。ほとんどの銀行カードローンが無保証・無担保ですが、消費者金融と違い、審査に関しては厳しいと考えたほうが無難であり、融資スピードという点で、消費者金融に劣ります。

 

ただし、銀行カードローンは、審査に通過すれば低金利ですし、長期的に見れば使い勝手の良い一枚になります。

定期預金担保貸付でお金を借りる

 

定期預金担保貸付でお金を借りる

 

見落としがちな銀行でお金を借りる方法の一つに、定期預金担保貸付でお金を借りる方法があります。

 

このお金を借りる方法は、ご自身が定期預金をしていることが大前提となる借入方法で、その定期預金を担保にして、お金を借りるシステムになり、審査もなく即日でも借りれるのが特徴です。

 

このシステムは、実際に銀行の窓口に行って、お金を借りるといったスタンスではなく、普通預金の口座の残高がマイナスになることにより借入状態、つまり自動融資されるといったものになります。

 

あまりにも借りやすい仕組みで、しかも金利は非常に安いのでついつい癖になってしまう特徴のある借入方法なので他の借入方法と同じですが、しっかりとセルフコントロールする必要があります。

 

定期預金担保貸付の限度額は、定期預金に貯金している90%までとなっており、借入金額には上限を設けている銀行がほとんどです。

 

銀行名 限度額 上限
三井住友銀行 定期預金 預金合計額の90%まで 上限200万円
三菱東京UFJ銀行 定期預金 預金合計額の90%まで 上限200万円
みずほ銀行 定期預金 預金合計額の90%まで 上限200万円