アイフルでお金借りる

大地真央さんの「愛がいちばん」のCMでもおなじみのアイフル。銀行傘下の消費者金融が多い中、銀行傘下ではない独立経営の消費者金融です。

 

アイフルの基本スペックは、非常にライバル会社のアコムと類似していて、お互いサービス合戦をして、お客様満足度を上げているといえます。

 

アイフル

 

アイフルの基本スペック

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円以内
担保・保証人 不要

 

アイフル申込み

アイフルのメリット

アコムの特筆すべきメリットを見ていきましょう。

  1. 初回利用の方は、最大30日間利息0円
  2. 最短1時間融資可能
  3. ローンカードの配達時間を指定できる「配達時間えらべ〜る」がある
  4. おまとめローンを取り扱っている
  5. WEB完結でカードレスで借入れ可能

といったことが挙げられます。

 

初回利用の方は、最大30日間利息0円

他の消費者金融に負けじと、アイフルも後発ながら、無利息サービスを実施中!

 

最短1時間融資可能

最短30分で審査完了!すぐに振込融資も可能!全国にある無人契約機(自動契約機)でローンカードを受け取り、併設されてるATMでキャッシングすることも可能!

 

ローンカードの配達時間を指定できる「配達時間えらべ〜る」がある

ローンカードの受け取り日時を指定できるので、家族バレの心配がありません。

 

おまとめローンを取り扱っている

おまとめMAXという貸金業法に基づくアイフルのおまとめローンの商品を利用することもできます。

 

WEB完結でカードレスで借入れ可能

アイフルは、カードレスで借入れ可能です。アコムは、必ずローンカードを受け取らなくてはいけないので、ここは大きな違いです。

 

アイフル申込み

アイフルのデメリット

アイフルのデメリットは提携ATMで取引の都度、手数料がかかります。

取引金額 入金・出金
1万円以下 108円
1万円超 216円

アイフルのATMなら、手数料がかからないので、アイフルのATMが近くにある方は、デメリットになりません。

アイフルの審査

アイフル属性

 

アイフルの審査基準は、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人※となっています。
※お取引中に満70歳になられた場合は、その時点で新たな融資は停止となります。

 

正社員が好ましいですが、アルバイトや派遣社員の方や個人事業主・法人事業主の人でもお申し込みいただけます。

 

また、アイフルは、消費者金融なので貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますので、年収の1/3以上を借りることはできません。

アイフルの必要書類

アコムの必要書類は、運転免許証になりますが、お持ちでない場合、パスポート・住民基本台帳カード・特別永住者証明書・在留カード・公的証明書類・個人番号カードのいずれかが必要になります。※顔写真付き

 

顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合は、

  • 健康保険証、年金手帳、母子健康手帳から2点
  • 健康保険証、年金手帳、母子健康手帳から1点+戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書 等から1点の合計2点
  • 戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書 等から1点とアイフルより簡易書留送付

 

また、 アイフルのご利用限度額が50万円以上の場合、アイフルのご利用限度額と他の貸金業者からのお借入総額が100万円以上の場合、就業状況の確認等、審査の過程でご提出をお願いする場合に、収入証明書類が必要になります。

 

下記のいずれか1点です。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書・・・直近2ヶ月分が必要になります。住民税の記載がある場合、直近1か月分のみで可となることもあります。賞与支給のある方は、1年以内(夏・冬・各々)の賞与明細書も合わせて提出
  • 確定申告書
  • 所得証明書

アイフル申込み