学費払えないのでカードローンでお金を借りる

学費払えないのでカードローンでお金を借りる場合、お金を借りる方により対処方法が異なります。まず親御さんがお金を借りる場合、日本政策金融公庫の教育ローンや銀行や信用金庫の教育ローンが最適です。しかし審査が厳しく、融資まで時間がかかり、誰でも利用できるとは限りません。そこでカードローンからお金を借りる方が手っ取り早いです。

 

カードローンといっても、消費者金融と銀行カードローンがあります。親御さんのどちらかが正社員として普通に働いているなら、銀行カードローンが最適です。金利が安く、総量規制の対象外なので、上手くいけば1年間の学費まるまるを借りられるかもしれません。

 

問題は学生本人が学費を支払っている場合で、学費払えない状況に陥った時です。学生でも、アルバイトをしていて毎月安定した収入があれば、カードローンの審査に通る可能性はあります。ただし第1の問題は、いくらアルバイトをしていても満20歳以上でないと申し込めないことです。ですから未成年の学生の方は、最初から奨学金を利用した方がいいでしょう。

 

次に学生には総量規制の壁が大きな障害になります。総量規制の対象となる消費者金融では、年収の3分の1までしか借りられません。学生が毎月頑張ってアルバイトしても、10万円ほどなので年収120万円です。その3分の1までしか借りられないので限度額40万円となりますが、いきなり40万円も貸してもらえる可能性は低いのです。それならやはり総量規制の対象外の銀行カードローンを利用した方がいいのです。審査は消費者金融よりも厳しめですが、他社から借り入れがなければ借りられる可能性もあります。ですから学生が学費を借りるなら、少額なら消費者金融、多めの借り入れなら銀行カードローン利用がいいでしょう。