日本政策金融公庫のメリットとデメリット

日本政策金融公庫を利用するメリットは審査が比較的通りやすいことと、金利負担が民間の金融機関と比較すると格段に安いことです。一方でデメリットとしては借りられる資金額が決まっていて、民間のように融通が利かないことが考えられます。

 

日本政策金融公庫は公の金融機関で基本的に中小企業が起業家を支援する目的で設立をされていますから、審査が通りやすいということがいえます。支援を目的としているわけですから、書類さえ必要なものが揃えばいいというのが審査ということになります。民間であれば収益性や将来性など事業の今後が最も重要視される審査となりますが、日本政策金融公庫では書類さえ必要なものがあればいいという審査です。支援をすることも目的としているので、収益性や将来性などのことを考えなくてもいいのです。そのようなことは起業したばかりの会社が分かるはずもないので、当然と言えば当然ですがこうした審査が厳しくないというのは、起業したばかりのところや中小企業にとってはありがたいことといえるでしょう。

 

金利負担というのは間違いなく業績を圧迫することになります。何しろ負担分は完全な損失となるわけですから、これが商品の値段やサービス料金に加わることになり、この負担増によって商品やサービスが利用されなくなるという悪循環を生むようなケースも少なくはありません。起業したばかりの会社などは信用もなかなか得られないわけですから、最初から金利負担のような大きなハンデを抱えることは、大きなリスクを伴うことになるといってもいいでしょう。

 

ですから、起業したばかりの会社はまずはこうした日本政策金融公庫のような公の機関から資金調達を考えるのがいいでしょう。まずはそれから始めていくことで、金利負担の少ない状況で運営を軌道に乗せることを考えるべきです。日本政策金融公庫は広告をほとんどしていませんから、あまり知られていませんが、ネットで調べれば、条件などもすぐに調べることが出来ます。