みずほ銀行カードローンでお金を借りる賢い方法

日本経済を支えている都市銀行であるみずほ銀行。

 

みずほ銀行のカードローンも、当然、3大メガバンクの安心感と低金利で人気の商品です。

 

みずほ銀行カードローン

 

みずほ銀行カードローンの基本スペック

借入利率 年2.0%〜14.0%※
借入限度額 800万円
担保・保証人 不要

※みずほ銀行の住宅ローン利用者は、年0.5%引き下げとなる年1.5%〜13.5%になり、さらに金利面で優遇されます。

 

\みずほ銀行のカードローンはこちら/

みずほ銀行カードローン申込み

みずほ銀行カードローンのメリット

みずほ銀行カードローンを利用するメリットとしては、

  1. 低金利
  2. 限度額が大きい
  3. みずほ銀行のキャッシュカードでローンカードを兼用できる

といったことが挙げられます。

 

低金利

銀行カードローンならではの低金利です。住宅ローンをみずほ銀行で組まれている方は、さらに優遇されるので、みずほ銀行をメインバンクで普段から利用されている方は、うってつけのカードローンです。

 

限度額が大きい

限度額が800万円と大きいので、大口の融資を望んでいる方や、高額の借り換え先としても頼もしいカードローンです。

 

みずほ銀行のキャッシュカードでローンカードを兼用できる

みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちなら、審査通過後、そのお手持ちのキャッシュカードで借入れすることができるようになります。つまり、カードローン専用のローンカードを新しく持つ必要もありませんし、ローンカードが財布に入っていて見られるようなリスクもありません。

 

つまり、家族や身内にバレずに(心配かけずに)借りたい方にもおすすめです。

みずほ銀行カードローンのデメリット

みずほ銀行カードローンを利用するデメリットは、

  1. 提携ATM手数料は有料
  2. 口座開設が必須
  3. 最低返済額が10,000円から

などがございます。

 

提携ATM手数料は有料

提携コンビニATMで利用できますが、手数料が毎回108円〜216円かかります。ただし、みずほ銀行のATMなら、平日8:45〜18:00までなら、利用手数料は無料です。

 

口座開設が必須

みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方なら、そのキャッシュカードとローンカードを兼用できますが、お持ちでない方は、新たに口座をつくる事が必須となります。

 

最低返済額が10,000円から

三菱UFJ銀行のカードローンであるバンクイックと比較すると、バンクイックの最低返済額が1,000円ですので、みずほ銀行カードローンの月々の返済額は高いといえるでしょう。

みずほ銀行カードローンの審査

みずほ銀行カードローンの審査基準は、

  • 契約時、満20歳以上満66歳未満の方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
  • 保証会社である株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けられる人

となっています。

 

パート・アルバイトや自営業、派遣社員の方でも安定した給料があれば申込みできます。外国人の方は永住許可を受けている人であればオッケーです。

みずほ銀行カードローンの必要書類

みずほ銀行カードローンにて申込みの際は、本人確認書類が必要です。

 

■本人確認書類(下記いずれか1点)■

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 印鑑証明書
  • 特別永住者証明書
  • 運転経歴証明書
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 住民票
  • 在留カード

 

ご希望の利用限度額が50万円の場合は、収入証明書も必要となります。

 

■収入証明書(下記いずれか1点)■

  • 源泉徴収票
  • 納税証明書(その1・その2)
  • 住民税決定通知書または課税証明書

 

\みずほ銀行のカードローンはこちら/

みずほ銀行カードローン申込み