お金を借りる前に!知っておきたい制度:国民年金の障害基礎年金について

最近不景気なのか何がしらの理由でお金を借りる人が増えています。しかし借金を沢山抱えてしまうと、国民年金の保険料が支払えなくなってしまう恐れがありますので、お金を借りる前には今一度きちんと国民年金の保険料も毎月支払いながら返済していけるのかについて、検討する必要があります。

 

しかし中には老後のお金は将来経済的に余裕が出たら準備するから国民年金保険料なんか支払わなくてもいいと思っている人もいるでしょう。しかし国民年金保険料を支払うことで受けられる障害基礎年金の存在を忘れてはいけません。そうなのです、年金保険料を支払って受けることが出来る年金は老後に関するものの他にも障害に関する障害基礎年金もあるのです。それがゆえに国民年金保険料を毎月支払えなくなる恐れがあるにも関わらず、多額の借金をしてはいけないのです。

 

障害基礎年金とはその名前の通り、被保険者が何らかの障害を抱えてしまった場合に国から毎月貰える年金のことです。そして障害というのは若い人でも事故等で抱えてしまう可能性はあるので、毎月しっかりと国民年金保険料を支払っていく必要があります。何故なら保険料を滞納している状態で障害になってしまえば、年金が貰えなくなってしまうからです。